教養・歴史「日本人」を考える

歴史認識と共に「日本」を捉える=将基面貴巳

    東京・渋谷の雑踏。日本の若者の未来はどこに向かうのだろうか(Bloomberg)
    東京・渋谷の雑踏。日本の若者の未来はどこに向かうのだろうか(Bloomberg)

     最近、ハーバード大学のジル・ルポア教授が指摘したことだが、特に1970年代以降、「国民の歴史(ナショナル・ヒストリー)」は、歴史研究者の間で論じられなくなった。国民国家の「衰退」が論じられるようになり、歴史研究者はグローバル・ヒストリーの叙述を目指すようになった、という。その結果、「国民の歴史」という分野は一種の“真空地帯”となった。その“真空”を埋めたのは“素人たち”だ、というのである。

     このような現象は現代日本においても生じている。百田尚樹『日本国紀』(幻冬舎、2018年)が昨年末か…

    残り2578文字(全文2825文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月24日号

    日本経済総予測第1部14 富裕層にアベノミクスの恩恵 「消費の二極化」鮮明に ■浜田 健太郎/岡田 英17 2020年の主な国内イベント18 インタビュー リチャード・クー 野村総合研究所主席研究員、チーフエコノミスト 「中立な『財政委員会』設置し今こそ財政出動と構造改革を」20 外需 米予防緩和で [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット