教養・歴史「日本人」を考える

歴史認識と共に「日本」を捉える=将基面貴巳

    東京・渋谷の雑踏。日本の若者の未来はどこに向かうのだろうか(Bloomberg)
    東京・渋谷の雑踏。日本の若者の未来はどこに向かうのだろうか(Bloomberg)

     最近、ハーバード大学のジル・ルポア教授が指摘したことだが、特に1970年代以降、「国民の歴史(ナショナル・ヒストリー)」は、歴史研究者の間で論じられなくなった。国民国家の「衰退」が論じられるようになり、歴史研究者はグローバル・ヒストリーの叙述を目指すようになった、という。その結果、「国民の歴史」という分野は一種の“真空地帯”となった。その“真空”を埋めたのは“素人たち”だ、というのである。

     このような現象は現代日本においても生じている。百田尚樹『日本国紀』(幻冬舎、2018年)が昨年末から今年初めにかけて話題となったが、この日本通史の体裁をとった書物の著者は作家であって、専門の歴史研究者ではない。百田氏は、その本が「物語」だと述べており、歴史家による専門的叙述とは異なることをほのめかしている。しかし、一般読者の多くによって、その本が“一応それなりの”日本史概説であるかのように受け取…

    残り2428文字(全文2825文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット