週刊エコノミスト Online書評

『中国金融の実力と日本の戦略』 評者・上川孝夫

    著者 柴田聡(金融庁総合政策局総務課長兼中国カントリーディレクター) PHP新書 880円

    日中金融協力の意義説く 東京のローカル化に警鐘

     10年以上にわたって中国をウオッチし、最近2年間、日中金融協力の実務責任者を務めた金融庁の現職課長の手になる本である。個人的見解に基づく内容と断りつつ、自らが情熱をかけて取り組んだ日中金融協力の軌跡を次世代に伝えたいとの一心で筆をとった、という。中国が台頭し、世界秩序が大きく変化した21世紀初頭における「日中金融史の記録」であるとも述べている。

     中国のフィンテック(金融と情報技術を融合したサービスや商品)の発展は今や世界が認めるところだろう。…

    残り891文字(全文1183文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月24日号

    日本経済総予測第1部14 富裕層にアベノミクスの恩恵 「消費の二極化」鮮明に ■浜田 健太郎/岡田 英17 2020年の主な国内イベント18 インタビュー リチャード・クー 野村総合研究所主席研究員、チーフエコノミスト 「中立な『財政委員会』設置し今こそ財政出動と構造改革を」20 外需 米予防緩和で [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット