国際・政治欧州発 世界不況

「英連邦」再び 英国が豪印に急接近 離脱見据え結束図る=藤好陽太郎

    メイ前英首相(右)と握手するインドのモディ首相(Bloomberg)
    メイ前英首相(右)と握手するインドのモディ首相(Bloomberg)

     欧州連合(EU)離脱による深刻な打撃を回避すべく、英政府と議会、民間企業が「英連邦(Commonwealth of Nations)」諸国との関係強化にかじを切っている。英連邦は旧大英帝国の植民地を中心に構成される。英国が戦後復興を果たせたのも英連邦諸国との貿易があったからだ。現在、英連邦の加盟国は53カ国・地域、人口は24億人に上る。60%が30歳以下と平均年齢が若く、成長余力の高さが指摘される。ジョンソン首相は「グローバル・ブリテン」を掲げて、英連邦や加盟国との関係強化を打ち出している。英連邦諸国も英国との貿易拡大に期待しているようだ。

    「豪州の企業が英国進出の好機とみなしているだけではない。英国企業も極めて積極的に(豪州進出を)検討し…

    残り1265文字(全文1589文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月24日号

    日本経済総予測第1部14 富裕層にアベノミクスの恩恵 「消費の二極化」鮮明に ■浜田 健太郎/岡田 英17 2020年の主な国内イベント18 インタビュー リチャード・クー 野村総合研究所主席研究員、チーフエコノミスト 「中立な『財政委員会』設置し今こそ財政出動と構造改革を」20 外需 米予防緩和で [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット