国際・政治欧州発 世界不況

「英連邦」再び 英国が豪印に急接近 離脱見据え結束図る=藤好陽太郎

    メイ前英首相(右)と握手するインドのモディ首相(Bloomberg)
    メイ前英首相(右)と握手するインドのモディ首相(Bloomberg)

     欧州連合(EU)離脱による深刻な打撃を回避すべく、英政府と議会、民間企業が「英連邦(Commonwealth of Nations)」諸国との関係強化にかじを切っている。英連邦は旧大英帝国の植民地を中心に構成される。英国が戦後復興を果たせたのも英連邦諸国との貿易があったからだ。現在、英連邦の加盟国は53カ国・地域、人口は24億人に上る。60%が30歳以下と平均年齢が若く、成長余力の高さが指摘される。ジョンソン首相は「グローバル・ブリテン」を掲げて、英連邦や加盟国との関係強化を打ち出している。英連邦諸国も英国との貿易拡大に期待しているようだ。

    「豪州の企業が英国進出の好機とみなしているだけではない。英国企業も極めて積極的に(豪州進出を)検討している」。今年4月3日の英下院の委員会で、エイムズ英豪商工会議所常任理事(当時)は豪州企業の同会議所への加盟が急増し、特に2018年は約100社近くも増加したと強調した。

    残り1180文字(全文1589文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    8月11・18日合併号

    2020年後半 日本・世界経済大展望第1部16 「沈没」する自動車大国 苦境・群馬が暗示する近未来 ■神崎 修一/柳沢 亮/加藤 結花19 「トヨタ超え」テスラ、三つの理由 ■中西 孝樹20 コロナワクチン開発 「実用化まで1年半」でも野心的 ■近内 健22 米大統領選 3項目でバイデン氏が優勢 ■ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット