国際・政治欧州発 世界不況

フランス マクロン政権が労働規制緩和 失業者増と景気失速の懸念=土田陽介

    (出所)フランス政府資料などを基に筆者作成
    (出所)フランス政府資料などを基に筆者作成

    詳しくはこちら

     マクロン大統領が率いるフランスの存在感が欧州で高まっている。欧州連合(EU)からの離脱に関して煮え切らない態度に終始する英国に、一貫してブレグジットの延長に反対するなどマクロン氏は毅然(きぜん)と対応している。先の欧州議会選(2019年5月)後に難航した欧州委員長や欧州中銀総裁の人事にも、マクロン大統領の意向が大きく反映された。

     欧州のニューリーダーとしてマクロン氏は魅力的だ。内外で求心力を失ったドイツのメルケル首相とは対極的である。ブリュッセルにあるEU本部の官僚も厚い信頼を寄せる。フランス国内での支持率は30%程度にとどまっているが、どの指導者も就任後に支持率が急低下するフランスの政治文化を考えれば十分に健闘している。

    残り1999文字(全文2322文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事