週刊エコノミスト Online欧州発 世界不況

沈む自動車業界 BMW、ダイムラー「減益ショック」 ドイツの“黄金時代”に終止符=熊谷徹

    米中貿易摩擦や環境規制などで強い逆風が吹く(BMWの独ライプチヒ工場)(Bloomberg)
    米中貿易摩擦や環境規制などで強い逆風が吹く(BMWの独ライプチヒ工場)(Bloomberg)

     ドイツ南部のバイエルン州は、バーデン・ビュルテンベルク州と並ぶ製造業の中心地の一つだ。同国のGDPの約18・5%を生み出している。その屋台骨は自動車産業。ここにはBMWとアウディの本社があり、部品メーカーなど周辺産業も含めると、同州で約50万人がこの業界で雇用されている。

     ミュンヘン市北部の環状道路沿いに、BMWの本社ビルがそびえている。ここで今年3月に発表された2018年度の業績は、多くの株主を失望させた。

     同社の18年の売上高が前年比で0・8%減少した他、税引き前の利益は8・1%、当期利益も16・9%、それぞれ減った。経営陣は1株当たりの配当を、50セント引き下げざるを得なかった。BMWが配当を引き下げたのは、09年以来10年ぶりのことだ。

    残り2256文字(全文2583文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事