マーケット・金融THE MARKET

中国株 材料欠き膠着=斎藤尚登

     10月下旬に開催された中国共産党第19期中央委員会第4回全体会議(4中全会)は「中国の特色ある社会主義制度の堅持・整備、国家統治システム・統治能力の近代化についての若干の重大な問題に関する党中央の決定」を採択して閉幕した。ポイントは、①あらゆる分野に対する党による統治の強化と、②今後の改革・開放政策の基本方針──の発表であったが、後者は…

    残り257文字(全文427文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット