週刊エコノミスト Online書評

『北方領土はなぜ還ってこないのか』『2030 中国自動車強国への戦略』『世界からコーヒーがなくなるまえに』『ドル化とは何か』

    『北方領土はなぜ還ってこないのか』 名越健郎著 海竜社 1600円

     安倍首相が解決に意欲を示しながらも前進しない北方領土問題。長年ソ連とロシアを取材した著者が日本の歩むべき道筋を探った。ソ連崩壊後の混乱時など難局打開の好機はあったが「4島一括返還」に執着して柔軟な対応ができず、ふいにし続けてきた日本外交を冷徹に批判。強硬姿勢に転じたロシア現政権下では進展が期待薄として「ポスト・プーチン」を見据えた戦略を提唱する。地元報道や取材を基に色丹島など4島の現状も伝えており貴重。(W)

    残り758文字(全文998文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月25日号

    契約のルールが変わる 民法改正16 経済活動の規律が一変 4月施行のインパクト ■市川 明代19 インタビュー 潮見佳男 京都大学大学院法学研究科教授 120年ぶり改正の意義 「市民に分かりやすく社会に生きた民法に」第1部 債権法編21 ココが大事1 「契約」が変わる ケース別で解説 改正の重要ポイ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット