週刊エコノミスト Online書評

文学作品を読まずしてその国の理解はできない=孫崎享

     私の専門分野は国際政治・外交である。だから、私が「時々小説を読む」と言うと「なぜ?」と聞かれる。

     でも、「専門を国際政治とするから小説を読んできた」とも言える。

     20世紀最高の外交官の一人が米国のジョージ・ケナンである。米国冷戦外交の基本となる「封じ込め」政策の立案者である。彼は第二次大戦直後のソ連で勤務した。ソ連の考え方を知る努力をするが、ソ連社会はケナンの侵入を許さない。ケナンはチェーホフを読み、ロシア人を理解する。

     私も、エセーニンやマヤコフスキーの詩や、ソルジェニーツィンを読みソ連社会を知っていった。駐イラン大使の時には、ペルシャ語の力が不十分だったので、絵本を読みあさった。多分、100冊くらいにはなる。

    残り963文字(全文1274文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月7日号

    コロナで急変 世界経済入門22 400兆円の「株」待機資金 “倍返し”でバブル再燃も ■村田 晋一郎/吉脇 丈志25 何が起きるか 1 原油大暴落の先 原油安は続かない 年末70ドル反発も ■柴田 明夫26  2 株式市場大混乱 “コロナ”なしでも調整した 業績予想と期待のブレ ■居林 通28  3 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット