マーケット・金融THE MARKET

今週のポイント 10月の商業動態統計(11月28日) 増税後の消費落ち込み幅に注目=上野剛志

    (出所)経済産業省「商業動態統計」
    (出所)経済産業省「商業動態統計」

     11月28日に経済産業省が10月の商業動態統計(速報)を発表する。同統計内の小売業販売額はサービス業こそ含まないものの、幅広い消費の動向を表す。また、消費の代表的な統計である家計調査よりも速報性が高い。消費増税後の消費動向は、日本経済や経済政策の行方を占ううえで極めて重要であるため、10月の商業動態統計への注目度は高い。

     9月の小売業販売額(速報値)は前年比9.1%増と、前回増税前の2014年3月(11.0%増)に近い高い伸びを示した。商品別では、機械器具小売業(37.9%増)や自動車小売業(16.9%増)、医薬品・化粧品小売業(16.4%増)の伸びが目立ち、軽減税率対象外の家電や化粧品、税制優遇が小幅な車種の自動車を中心に顕著な駆け込み需要が発生したことがうかがわれる。ただし、増税前3カ月間の累計では、今回(7…

    残り343文字(全文705文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月14日号

    コロナが迫る 非接触ビジネス第1部16 「脱3密」に勝機あり リアル×ネットで株価急騰 ■白鳥達哉/種市房子19 インタビュー 鈴木康弘 日本オムニチャネル協会会長、デジタルシフトウェーブ社長 「ネット起点に、実店舗を運営」20  諸富徹 京都大学大学院 経済学研究科教授 「脱炭素社会への契機にも」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット