マーケット・金融THE MARKET

長期金利 0%に近づく=徳勝礼子

     10年国債入札は10、11月と連続して軟調に終わり、金利はマイナス0・1%を上回った。10月の利下げが確実視されていた米連邦準備制度理事会(FRB)とは対照的に、日銀の利下げ可能性に対する市場の見方は分かれていた。日本の10年金利が上下に振れる展開の後、米中貿易問題の好転などを受けて日銀の利下げ期待が剥落するスピードは速かった。

     今回の10年金利の上昇が、10年より満期の長い年限と比べて、はるかに顕著だったことは興味深い。一つには超長期債は利下げ期待からは直接の影響は受けないということもある。加えて10年超の金利水準がプラスであることで資金調達コストである「レポ・レート」に対して、既にプラスの利ざやが確保されている。このため金利上昇が抑制されやすい傾向が改めて確認されたように思われる。

    残り108文字(全文456文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット