週刊エコノミスト Online海外企業を買う

インターコンチネンタル取引所 世界最大級の取引所グループ=小田切尚登/265

Traders work during the Slack Technologies Inc. initial public offering (IPO) on the floor of the New York Stock Exchange (NYSE) in New York, U.S., on Thursday, June 20, 2019. Following in the footsteps of music-streaming service Spotify Technology SA last year, the workplace messaging application is set to start trading on the New York Stock Exchange Thursday via a direct listing. Photographer: Michael Nagle/Bloomberg
Traders work during the Slack Technologies Inc. initial public offering (IPO) on the floor of the New York Stock Exchange (NYSE) in New York, U.S., on Thursday, June 20, 2019. Following in the footsteps of music-streaming service Spotify Technology SA last year, the workplace messaging application is set to start trading on the New York Stock Exchange Thursday via a direct listing. Photographer: Michael Nagle/Bloomberg

 ◆Intercontinental Exchange

 インターコンチネンタル取引所(ICE)は世界最大級の電子取引所、取引所の運営会社で傘下にニューヨーク証券取引所を抱える。設立は2000年で、当初は石油や天然ガス、電力などのエネルギーのデリバティブ(派生商品)取引専門の取引所であった。世界各地の取引所の相次ぐ買収や合併を経て、業容を拡大し、世界最大級の取引所グループとなった。

 ICEの事業は大きく二つからなる。第一はトレーディング・クリアリング部門(売買・清算部門)である。北米、ヨーロッパ、シンガポールで12の取引所と6のクリアリング・ハウス(清算機関)を運営しており、そこで金利、クレジット、外国為替、株式、債券、ETF(上場投資信託)など幅広いアセットクラスの取引が市場参加者により行われている。この部門の売り上げは24・2億ドル(約2637億円)で、同社の売り上げ全…

残り2472文字(全文2863文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月9日・16日合併号

世界経済 ’22年下期総予測第1部 世界経済&国際政治14 米国は景気後退「回避」も 世界が差し掛かる大転機 ■斎藤 信世/白鳥 達哉17 米ドル高 20年ぶり高値の「ドル指数」 特徴的な非資源国の通貨安 ■野地 慎18 米長短金利の逆転 過去6回はすべて景気後退 発生から平均で1年半後 ■市川 雅 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事