週刊エコノミスト Online海外企業を買う

タイソン・フーズ 世界2位の食肉加工企業=岩田太郎/264

    Tyson Foods Inc. Products As Profit Boosted Amid Rising Beef Demand Signage is arranged on a Tyson Foods Inc. Tyson any'tizers brand pepperoni mozzarella chicken snackers package in an arranged photograph in Tiskilwa, Illinois, U.S., on Monday, Aug. 6, 2018. The largest U.S. meat company posted better-than-expected fiscal third-quarter earnings as beef demand rose and cattle costs fell, Tyson said Monday in a statement. Photographer: Daniel Acker/Bloomberg
    Tyson Foods Inc. Products As Profit Boosted Amid Rising Beef Demand Signage is arranged on a Tyson Foods Inc. Tyson any'tizers brand pepperoni mozzarella chicken snackers package in an arranged photograph in Tiskilwa, Illinois, U.S., on Monday, Aug. 6, 2018. The largest U.S. meat company posted better-than-expected fiscal third-quarter earnings as beef demand rose and cattle costs fell, Tyson said Monday in a statement. Photographer: Daniel Acker/Bloomberg

     タイソン・フーズは米国で第1位、世界ではブラジルのJBSに次ぐ第2位の売上高を誇る食肉加工企業だ。1935年に鶏肉販売会社として創業以来、革新的な技術をいち早く取り入れるビジネス手法と、買収と合併を通して事業を拡大してきた。

     第二次世界大戦後には食肉を新鮮なまま取引先に届ける空輸で事業を全米に拡大。50~60年代には、米マクドナルドなどファストフードチェーンが伸びるとみて、自前の加工肉処理工場を建設。63年に株式上場した。

     タイソン・フーズは創業後、鶏肉から牛肉や豚肉にも事業を拡大し、18年9月期では鶏肉と牛肉が売り上げ全体の67%を占める主力分野となった。脂肪分が牛肉や豚肉より少ない鶏肉は、健康志向が高まっている米国の食肉消費量が首位で需要が伸びている。売り上げの30%を占める鶏肉のおよそ半分が小売り向け、残り半分は業務用だ。店頭で販売されるトレー入り鶏肉製品には、「抗生物質無添加」の表示があり、健康面での安全性…

    残り2419文字(全文2833文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月27日号

    未来産業の本命 新エネ、DX、デジタル通貨第1部 エネルギーとデジタルが生む革新14 脱炭素の大開拓時代 革命は日本から始まる ■浜田 健太郎/村田 晋一郎16 新エネ(1) 洋上風力 潜在力は原発500基分 ■宗 敦司19 (2) 送配電 「直流送電」で再エネ普及へ ■南野 彰24 (3) 蓄電池 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事