週刊エコノミスト OnlineFOCUS2019

NEWS 追悼 中曽根康弘元首相 現実政治貫徹する非戦の実務家 政権支えた厚い戦争経験者人脈=倉重篤郎

    首相官邸中庭で、記念撮影に臨む中曽根康弘首相と閣僚たち(1982〈昭和57〉年11月)
    首相官邸中庭で、記念撮影に臨む中曽根康弘首相と閣僚たち(1982〈昭和57〉年11月)

     中曽根康弘政権は、右翼タカ派と言われたが、実はあの戦争の教訓をリアルポリティクス(現実政治)に生かした非戦実務派政権ではなかったか。そう振り返るのは、政権を支えた分厚い戦争経験者人脈とその政策による。

     中曽根自身が、海軍短期現役士官(短現)出身で、南洋での敵艦との戦闘で多くの部下を戦死させている。政権周辺に短現出身者を側近、助言役として集めた。赤沢璋一(日本貿易振興会会長)、中川幸次(野村総研会長)、五島昇(日商会頭)、早川崇(厚生相)らだ。

     政権の女房役・官房長官であった後藤田正晴は、台湾で敗戦を迎え、強い軍隊不信を抱いた。1987年10月にペルシャ湾岸に海自機雷掃海艇を派遣する構想が浮上した際、「蟻の一穴」論で身体を張ってつぶしたのは有名な話だ。

    残り958文字(全文1288文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月2日号

    緊急提言 コロナ危機の経済学第1部 政治・経済編16 英知を結集 前例なき時代へ処方箋 ■編集部18 インタビュー 竹中平蔵 東洋大教授、慶応義塾大名誉教授 「デジタル化の遅れ挽回する好機」20 戦時体制 市場・金融政策万能の見直し ■高田 創22 経済政策 副作用忘却した世論迎合の危うさ ■森田  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット