国際・政治FOCUS2019

NEWS GSOMIA失効回避も深刻 日韓に「ボタンの掛け違い」=澤田克己

    会談を前に握手する韓国の康京和外相(左)と茂木敏充外相=11月23日
    会談を前に握手する韓国の康京和外相(左)と茂木敏充外相=11月23日

     日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA(ジーソミア))が11月23日午前0時に失効する直前、日韓両国が発表した「協定延長」の方針を聞いて、開いた口が塞がらなかった。筆者は8月中旬、ソウルで文在寅(ムンジェイン)政権中枢の人物から、日韓の関係修復に向けた米国の仲裁案を聞いていたが、そのピースがすべてぴたりとはまったからだ。

     その人物によると、米国が仲裁案を出してきたのは7月下旬だ。この時は、日本は安全保障上の輸出優遇対象である「ホワイト国(その後、グループAに呼称変更)」からの韓国除外を猶予し、韓国は元徴用工訴訟で敗訴した日本企業の資産現金化を止める、という内容だった。これ以上の事態悪化を防ぎ、対話の時間を作れということだ。

    残り991文字(全文1308文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月2日号

    緊急提言 コロナ危機の経済学第1部 政治・経済編16 英知を結集 前例なき時代へ処方箋 ■編集部18 インタビュー 竹中平蔵 東洋大教授、慶応義塾大名誉教授 「デジタル化の遅れ挽回する好機」20 戦時体制 市場・金融政策万能の見直し ■高田 創22 経済政策 副作用忘却した世論迎合の危うさ ■森田  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット