国際・政治FOCUS2019

NEWS GSOMIA失効回避も深刻 日韓に「ボタンの掛け違い」=澤田克己

    会談を前に握手する韓国の康京和外相(左)と茂木敏充外相=11月23日
    会談を前に握手する韓国の康京和外相(左)と茂木敏充外相=11月23日

     日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA(ジーソミア))が11月23日午前0時に失効する直前、日韓両国が発表した「協定延長」の方針を聞いて、開いた口が塞がらなかった。筆者は8月中旬、ソウルで文在寅(ムンジェイン)政権中枢の人物から、日韓の関係修復に向けた米国の仲裁案を聞いていたが、そのピースがすべてぴたりとはまったからだ。

     その人物によると、米国が仲裁案を出してきたのは7月下旬だ。この時は、日本は安全保障上の輸出優遇対象…

    残り1095文字(全文1308文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月4日号

    AIチップで沸騰!半導体第1部 世界の開発最先端14 GAFAも開発に乗り出す AIチップの8兆円市場 ■津田 建二/編集部18 Q&Aで分かる AIチップ ■編集部/監修=本村 真人21 インタビュー ディジタルメディアプロフェッショナル(DMP) 山本達夫 社長「推論用AIチップのコア開 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット