週刊エコノミスト Online書評

高度成長期の日本 底辺で生きる孤独を読む=楊逸

     待ちに待った高い秋の空。喜ぶ間もなく「明日は雨模様……」とテレビの天気予報をまた耳にする。本州での台風被害がまだ収まらず、沖縄から大火のニュースが飛び込んでくる。15年前に一度だけ訪れた首里城は黒焦げた廃虚になり、脳裏に往時の思い出だけが鮮明によみがえる。

    『待ち針 佐藤洋二郎小説選集一』(佐藤洋二郎著、論創社、2000円)。久しぶりに小説を読む。ベテランの私小説作家のデビュー作品「湿地」(1976年)を含め、97年までの20年もの間に発表された10の短編からなる一冊だ。

     地方から上京し司法試験を受け続ける若者。別れた男性の子どもを身ごもったOL。水槽の中で食われてしまうのを待ちながらも「弱い奴(やつ)と思っている者の、開き直った逆襲に勝てる奴はいない」ことを悟った蛸(たこ)……。そんな「くせの強い」キャラクターに次々と出会う一方、脳裏には、若い女と逃げたのち亡くなってしまった父への思いに苦しみながら、夏の眩(まぶ)しい日差しの中で、「海辺の段々畑を耕す」母の姿を…

    残り855文字(全文1293文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月2日号

    緊急提言 コロナ危機の経済学第1部 政治・経済編16 英知を結集 前例なき時代へ処方箋 ■編集部18 インタビュー 竹中平蔵 東洋大教授、慶応義塾大名誉教授 「デジタル化の遅れ挽回する好機」20 戦時体制 市場・金融政策万能の見直し ■高田 創22 経済政策 副作用忘却した世論迎合の危うさ ■森田  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット