週刊エコノミスト Online書評

従来の中国史を大胆刷新 構成の妙光る新シリーズ=加藤徹

     中国人が書く中国の通史は、つまらない。「中国は昔も今も一つ」「中国史は階級闘争の歴史」「現在の中国共産党が最高である」等の見取り図を当局から強制されるからだ。

     日本人が書く中国の通史は個性的だ。数千年に及ぶ中国史を読者に一目瞭然で示すために、どの学者にどんな切り口で各巻を書かせるか。編集者の発想と腕前の見せ所だ。

     最近、岩波書店が「シリーズ 中国の歴史」全5巻の刊行を公表した。今回、第1巻となる渡辺信一郎『中華の成立 唐代まで』(岩波新書、840円)が出た。冒頭で図示された「本シリーズの構成」は、野心的だ。

    残り611文字(全文868文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月2日号

    緊急提言 コロナ危機の経済学第1部 政治・経済編16 英知を結集 前例なき時代へ処方箋 ■編集部18 インタビュー 竹中平蔵 東洋大教授、慶応義塾大名誉教授 「デジタル化の遅れ挽回する好機」20 戦時体制 市場・金融政策万能の見直し ■高田 創22 経済政策 副作用忘却した世論迎合の危うさ ■森田  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット