マーケット・金融THE MARKET

東京市場 ストラテジストが読む 欧米資本と連携の国内医薬に注目=藤戸則弘

    (出所)ブルームバーグより編集部作成
    (出所)ブルームバーグより編集部作成

     医薬品セクターの株価は、昨年に続いて堅調である。現在の業界の焦点は、制がん剤や難病治療薬といった高付加価値製品だ。ただし、制がん剤は容易に製薬化できるものではなく、膨大な研究開発費と多大な時間を要する。

     また、優秀な研究者の好待遇による確保も大きなポイントであり、結局資本力の勝負となる側面が強い。世界の巨大製薬企業の売上高ランキングを見ると、首位ロシュ(スイス)580億ドル、2位ファイザー(米)536億ドル、3位ノバルティス(スイス)519億ドル、4位メルク(米)423億ドルなど、欧米の巨大企業が並んでいる(2018年12月末時点)。

     日本の製薬大手とはいっても、世界比較では中堅・中小企業に過ぎないのが実態だ。新薬開発競争となった場合には、欧米勢への劣後は避けられない。したがって、日本の製薬企業は知恵を絞って、これらの欧米巨大企業の傘下に入るか、新薬の共同開発といった新しいスキームで対処せざるを得ない。

    残り439文字(全文848文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月9日号

    指標で先読み 米国経済14 消費者心理は底入れ 株の「先高」示唆か ■種市 房子18 ISM指数 企業景況感を速報 製造業不況 コロナ前に顕在化 ■馬渕 治好20 企業向け貸し出し 資金繰り需要を反映 政策後押し 30%増 ■丸山 義正21 PER(株価収益率) 株の割高感示す 企業利益2割上振れ期 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット