マーケット・金融THE MARKET

NY市場 高値更新の裏に「資金運用難」=堀古英司

     今年の米国株式市場は、米中貿易問題をあおるメディアをあざ笑うかのように、26回もの史上最高値更新を記録している。

     米国は貿易赤字国であり、米中貿易問題は株式相場を上下させるリスク要因にはなるが、最悪の場合でも米国経済に大きな打撃を与える問題ではないと市場が認識してきた証拠だ。むしろ史上最高値を更新している背景は、市場にもっと大きなリスクが反映されて…

    残り266文字(全文442文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月9日号

    指標で先読み 米国経済14 消費者心理は底入れ 株の「先高」示唆か ■種市 房子18 ISM指数 企業景況感を速報 製造業不況 コロナ前に顕在化 ■馬渕 治好20 企業向け貸し出し 資金繰り需要を反映 政策後押し 30%増 ■丸山 義正21 PER(株価収益率) 株の割高感示す 企業利益2割上振れ期 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット