週刊エコノミスト Online闘論席

池谷裕二の闘論席

Bloomberg
Bloomberg

 バイオハックをご存じだろうか。生物工学(バイオテクノロジー)の技術を使って自分の身体を改造しようという試みである。こうした動きは以前から見られたが、このところ新たなフェーズに入ったようだ。象徴的だったのは米ラスベガスで開催された学術集会「バイオハック・ザ・プラネット2019」である。

 これまでの集会では、登壇中にエイズの遺伝子治療の自己注射を実践してみせるなど、奇抜なパフォーマンスが目立った。参加者の多くは非専門家で、いわば「愛好家の集い」の域を出なかった。しかし近年は、博士号をもった研究者も参画し、最新の遺伝子工学を駆使した有効な治療法も開発されている。すでに製薬企業が開発した治療法を焼き直した「廉価版」が多いが、中には対処法のなかっ…

残り486文字(全文809文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月9日・16日合併号

世界経済 ’22年下期総予測第1部 世界経済&国際政治14 米国は景気後退「回避」も 世界が差し掛かる大転機 ■斎藤 信世/白鳥 達哉17 米ドル高 20年ぶり高値の「ドル指数」 特徴的な非資源国の通貨安 ■野地 慎18 米長短金利の逆転 過去6回はすべて景気後退 発生から平均で1年半後 ■市川 雅 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事