週刊エコノミスト Online闘論席

池谷裕二の闘論席

    Bloomberg
    Bloomberg

     バイオハックをご存じだろうか。生物工学(バイオテクノロジー)の技術を使って自分の身体を改造しようという試みである。こうした動きは以前から見られたが、このところ新たなフェーズに入ったようだ。象徴的だったのは米ラスベガスで開催された学術集会「バイオハック・ザ・プラネット2019」である。

     これまでの集会では、登壇中にエイズの遺伝子治療の自己注射を実践してみせるなど、奇抜なパフォーマンスが目立った。参加者の多くは非専門家で、いわば「愛好家の集い」の域を出なかった。しかし近年は、博士号をもった研究者も参画し、最新の遺伝子工学を駆使した有効な治療法も開発されている。すでに製薬企業が開発した治療法を焼き直した「廉価版」が多いが、中には対処法のなかっ…

    残り486文字(全文809文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月25日号

    契約のルールが変わる 民法改正16 経済活動の規律が一変 4月施行のインパクト ■市川 明代19 インタビュー 潮見佳男 京都大学大学院法学研究科教授 120年ぶり改正の意義 「市民に分かりやすく社会に生きた民法に」第1部 債権法編21 ココが大事1 「契約」が変わる ケース別で解説 改正の重要ポイ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット