週刊エコノミスト Online闘論席

片山杜秀の闘論席

Bloomberg
Bloomberg

 アメリカが原油の純輸出国になった。つまり、輸出量が輸入量を上回った。2019年の大きなニュースだろう。11月に発表された9月の月間値の話である。1949年以来、70年ぶりの出来事という。

 アメリカはもともと大産油国だった。日本も戦前は主にアメリカから石油を輸入していた。日本を中国から引かせようと、アメリカが石油禁輸を切り札に使ってきたことが、日米戦争を招きもした。

 そのアメリカも、自国での原油の採掘コストを考えれば、中東などの産油国に頼る時代へと入っていった。75年には対外原油輸出を禁止にしてもいる。貴重な石油を外国に売るのはもったいないということだ。輸出が久々に解禁されたのは、15年のオバマ政権のときである。それから4年しかたっていないのに、もう月間だと純輸出国になる月が出た。安価で増産し輸送できる態勢がすっかり整ったわけだ。

残り419文字(全文789文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

7月12日号

止まらないインフレ 資源ショック20 衝撃は石油危機に匹敵 「資源小国」日本の正念場 ■荒木 涼子/和田 肇24 原油の行方 2次制裁発動なら記録的高騰へ ■原田 大輔27 中国・インド “ロシアに冷淡”な資源輸入国 ■和田 肇29 戦略物資 EVや再エネの普及に必須の「銅」 ■片瀬 裕文30 天然 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事