週刊エコノミスト Online海外企業を買う

スタンレー・ブラック・アンド・デッカー 世界最大手の電動工具メーカー=岩田太郎/269

    人気商品ブランド「クラフツマン」の陳列棚 Bloomberg
    人気商品ブランド「クラフツマン」の陳列棚 Bloomberg

     電動工具で世界最大手メーカーの米スタンレー・ブラック・アンド・デッカーは、連続配当143年、52年連続で増配を達成している「配当貴族」銘柄だ。1843年にスタンレー・ワークスとして創業し、堅実さと進取の社風を兼ね備え、長い歴史の中で数多くのヒット商品を生み出し続けてきた。米国内で人気商品の電動ドリルを販売するブラック・アンド・デッカー社と2010年に合併してからは、売り上げが急激な右肩上がりとなり、投資家の注目を集めている。

     スタンレー・ブラック・アンド・デッカーは18年12月期の売り上げの7割以上を電動工具や収納用品が占める。工業用ファスナーや自動ドアなどの分野でも国内シェア上位だ。売り上げの55%は米国で、22%が欧州、14%が新興国、4%がカナダ、3%が日本、2%がオーストラリアで、国・地域別にバランスよく分散されている。

    残り2492文字(全文2862文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月16日号

    コロナデフレの恐怖14 サービス業に「デフレの波」 失業増で負のスパイラルも ■桑子 かつ代/市川 明代17 市場に問われる開示姿勢 ■井出 真吾18 図解デフレ大国ニッポン ■編集部19 デフレ圧力は過去にない水準に ■永浜 利広20 コロナで「上がった下がった」ランキング ■編集部21 インタビ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット