週刊エコノミスト Online海外企業を買う

サーモフィッシャーサイエンティフィック 世界最大の科学機器・サービス企業=永井知美/270

An employee stands behind the Thermo Fisher Scientific Inc. booth during the International Pharmaceutical Expo (Interphex) in New York, U.S., on Tuesday, March 21, 2017. Interphex is a pharmaceutical, biotechnology, and medical device development and manufacturing event offering access to new business trends and strategies. Photographer: Timothy Fadek/Bloomberg
An employee stands behind the Thermo Fisher Scientific Inc. booth during the International Pharmaceutical Expo (Interphex) in New York, U.S., on Tuesday, March 21, 2017. Interphex is a pharmaceutical, biotechnology, and medical device development and manufacturing event offering access to new business trends and strategies. Photographer: Timothy Fadek/Bloomberg

 サーモフィッシャーサイエンティフィック(以下、サーモ)は、世界最大の科学機器・サービス企業で、ライフサイエンス(生命科学)・環境・食品向けの分析機器、診断機器、試薬など消耗品、関連ソフトウエア・サービスなどを手掛ける。成長分野・有望分野の企業を買収することで規模を拡大し、従業員数7万人超、顧客は医薬・バイオ企業、病院、大学・研究機関、政府機関など40万超にのぼる(2018年12月期)。

 19年1~9月期の事業部門別の売上高構成比は、ライフサイエンスソリューション部門(医薬・バイオ企業の研究開発向け機器・試薬など)が25%、分析機器部門(質量分析機器など、研究開発や生産現場で使用される検査・分析機器など)が20%、特殊診断部門(臨床診断などで使われる機器・検査キット・試薬など)が14%、ラボ向け製品とサービス(ラボ向け機器・消耗品、医薬品受託開発製造〈CDMO〉など)が39%。

残り2452文字(全文2846文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事