週刊エコノミスト Online編集後記

種市房子/浜條元保

    編集部から

     先日、あるメーカー広報に製品の写真データ提供を依頼するべく、電話をかけた。「掲載日は」「全体の企画趣旨は」「写真はどのような記事に使うか」など、取材趣旨を一通り聞かれたので、答えたつもりだった。電話の最後に「部内で共有するから、掲載日や、記事で写真をどう使うのかをメールで送ってほしい」との依頼。今口頭で説明したのに、同じ内容をメール?若干疑問があったがメールを送ると、今度は「部内で共有するから、企画案を送ってほしい」という返信。部内共有という名目の下、無限に同一内容の説明を求められそうなので、写真データ取得は諦めた。

     情報共有のかけ声が大きくなるほど、説明回数や資料作成が増える。この会社の広報に限らず、多くの職場に…

    残り1164文字(全文1481文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月25日号

    契約のルールが変わる 民法改正16 経済活動の規律が一変 4月施行のインパクト ■市川 明代19 インタビュー 潮見佳男 京都大学大学院法学研究科教授 120年ぶり改正の意義 「市民に分かりやすく社会に生きた民法に」第1部 債権法編21 ココが大事1 「契約」が変わる ケース別で解説 改正の重要ポイ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット