週刊エコノミスト Online書評

イメージ先行の存在 真実に迫る画期的な書=本村凌二

     ヴァイキングには略奪者の印象が強い。「角のついた兜(かぶと)をかぶった北欧の海賊」がユーラシア西北岸に出没するかのように語られてきた。だが、じっさいには兜に角はなく、平時には商人であり農民でもあった。

     レジス・ボワイエ『ヴァイキングの暮らしと文化』(白水社、3000円)は、謎めいて見える集団をめぐって、その社会、陸上生活、海上生活、たいせつな日々(出生・結婚・葬儀・重要行事など)の実態に迫る歴史書である。

     ヴァイキングは、9世紀初めのカール大帝没後のカロリング帝国崩壊から歴史の舞台に登場する。それ以後2世紀半、表舞台で活躍した。

    残り636文字(全文904文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事