週刊エコノミスト Onlineワールドウオッチ

ブラジル 偽造新ナンバープレートが横行=美代賢志

    正式導入までに、違法ナンバーへの対策が求められる 筆者撮影
    正式導入までに、違法ナンバーへの対策が求められる 筆者撮影

     メルコスル(南米南部共同市場)は、欧州連合(EU)との自由貿易協定(FTA)の基本合意もあって、これまで以上に地域が一丸となって域外との問題に対処することが求められている。だが、アルゼンチンの新政権とブラジル政府の関係が冷え込むなど政治面で結束が乱れているだけでなく、2020年末に正式に導入が始まる「メルコスル自動車登録番号標」にもほころびが生じている。

     メルコスル自動車登録番号標は、国境を行き来する車の利便性を高める目的で誕生したが、表示の簡略化や偽造防止技術の一部廃止などの改正が多発。また、国内では州交通局ごとの扱いとなっており、管理体制の統一すらままならない状況だ。

    残り229文字(全文519文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月27日号

    未来産業の本命 新エネ、DX、デジタル通貨第1部 エネルギーとデジタルが生む革新14 脱炭素の大開拓時代 革命は日本から始まる ■浜田 健太郎/村田 晋一郎16 新エネ(1) 洋上風力 潜在力は原発500基分 ■宗 敦司19 (2) 送配電 「直流送電」で再エネ普及へ ■南野 彰24 (3) 蓄電池 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事