週刊エコノミスト Onlineワールドウオッチ

インド 将来不安ぬぐえぬ農民債務免除=中島敬二

    将来への絶望感はぬぐえない(Bloomberg)
    将来への絶望感はぬぐえない(Bloomberg)

     国内随一の農業生産州であるマハラシュトラ州政府は2019年12月、農家1軒当たり最大20万ルピー(約30万円)の債務を免除する方針を明らかにした。同州は、豆類や砂糖などの生産が盛んだが、18年の干ばつと19年の洪水により、多くの農民が過重債務に追い込まれていた。同州は17年にも公費を投入し890万人の農民を救済している。

     農民の借金苦は全国的な社会課題だ。インドの労働者の40%以上が農業に携わるが、16年には1万1379人の農民が自殺した。農業債務免除制度は、04年に国民会議派政権が開始した。当時野党だったインド人民党(BJP)は反対していたが、14年に政権を奪還すると、18年までに総額1兆ルピー(約1・5兆円)超の救済を、州政府とともに11州で実施した。ポピュリズム政策そのものであり、選挙に勝利するための道具と…

    残り165文字(全文527文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月27日号

    未来産業の本命 新エネ、DX、デジタル通貨第1部 エネルギーとデジタルが生む革新14 脱炭素の大開拓時代 革命は日本から始まる ■浜田 健太郎/村田 晋一郎16 新エネ(1) 洋上風力 潜在力は原発500基分 ■宗 敦司19 (2) 送配電 「直流送電」で再エネ普及へ ■南野 彰24 (3) 蓄電池 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事