週刊エコノミスト Onlineワールドウオッチ

ニューヨーク GDP成長拡大中の郊外区=冷泉彰彦

    マンハッタン島に向かうスタッテン島フェリー。通勤で利用する人も多い。Bloomberg
    マンハッタン島に向かうスタッテン島フェリー。通勤で利用する人も多い。Bloomberg

     ニューヨーク市は、マンハッタン島、ブルックリン、ブロンクス、クイーンズ、スタッテン島という五つの区で構成されている。中でも、金融センターであり世界有数の商業都市であるマンハッタン島の存在感は大きく、経済規模は国内総生産(GDP)換算で6000億ドル(約65兆円)と中堅国家並みの規模を誇る。その他の各区は、マンハッタンに通勤する人々の居住区、郊外区との位置づけだ。

     米商務省経済分析局が発表した2018年分の地域別GDPデータによれば、その「郊外区」の経済成長が著しい。マンハッタン区のGDPが17年から18年にかけマイナス0・2%と微減した一方、JFK国際空港やアジア系の多い地区などを抱えるクイーンズ区はGDPが前年比5・9%増。若者やスタートアップの起業の地として人気が高まるブルックリン区は同7%増。

    残り151文字(全文506文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月27日号

    未来産業の本命 新エネ、DX、デジタル通貨第1部 エネルギーとデジタルが生む革新14 脱炭素の大開拓時代 革命は日本から始まる ■浜田 健太郎/村田 晋一郎16 新エネ(1) 洋上風力 潜在力は原発500基分 ■宗 敦司19 (2) 送配電 「直流送電」で再エネ普及へ ■南野 彰24 (3) 蓄電池 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事