経済・企業自動車革命で伸びる会社

EV・自動運転で勝つ半導体 Interview デンソー 川原伸章 

     自動運転やEVの性能の鍵を握る半導体。新機軸を打ち出した日米のリーディングカンパニーの戦略は。

    (聞き手=編集部)

    ■トヨタとデンソーの電子部品事業をデンソーに集約することになった。トヨタから移管される事業のうち次世代パワー半導体などの先行開発部隊250人と、デンソーの先端技術研究所で半導体の先行開発を行う部隊250人が一緒になって、新会社「ミライズ テクノロジーズ」を立ち上げる。愛知県日進市のデンソー先端技術研究所に本社を置く。出資比率はデンソーが51%、トヨタが49%で、半導体についてはデンソーに任されたかたちになっている。

    ■CASE時代は、電動化ではパワーデバイス、自動運転ではセンサー、そのほかにECU(電子制御ユニット)や通信機器などが重要となり、半導体はキーデバイスとして需要が増えていく。必要な半導体を新会社で開発していく。

     ただし、新会社は半導体の開発だけを行う。半導体の生産はデンソーにこだわらず、外部の半導体メーカーで生産することも視野に入れている。現在でもデンソーは半導体を一部内製しているが、ほとんどは外部の半導体メーカーから購入している。

    残り927文字(全文1411文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月2日号

    緊急提言 コロナ危機の経済学第1部 政治・経済編16 英知を結集 前例なき時代へ処方箋 ■編集部18 インタビュー 竹中平蔵 東洋大教授、慶応義塾大名誉教授 「デジタル化の遅れ挽回する好機」20 戦時体制 市場・金融政策万能の見直し ■高田 創22 経済政策 副作用忘却した世論迎合の危うさ ■森田  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット