経済・企業AIチップで沸騰! 半導体

キオクシア 業績悪化で利害調整がカギ 上場タイミングは流動的=和泉美治

     2020年の大型の新規株式公開(IPO)候補に挙げられるのが、19年10月に東芝メモリホールディングス(HD)から社名変更したキオクシアHDだ。経営危機に陥っていた東芝が、17年にNAND型フラッシュメモリー事業を分社化して設立。フラッシュメモリーの売上高では韓国サムスン電子に続く世界2位につける。

     18年6月に投資ファンドの米ベインキャピタルが主導する企業連合の受け皿会社に、東芝の持ち分すべてがいったん売却され、東芝は約2兆円の資金を得た。同時に東芝は3505億円を再出資(普通株式の40.2%)したため、キオクシアは現在、東芝の持ち分法適用関連会社となっている。ただ、図のように、同業他社の米マイクロンテクノロジーなどと比較しても、キオクシアの足元の業績は極めて厳しい。

    残り1306文字(全文1646文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月9日号

    指標で先読み 米国経済14 消費者心理は底入れ 株の「先高」示唆か ■種市 房子18 ISM指数 企業景況感を速報 製造業不況 コロナ前に顕在化 ■馬渕 治好20 企業向け貸し出し 資金繰り需要を反映 政策後押し 30%増 ■丸山 義正21 PER(株価収益率) 株の割高感示す 企業利益2割上振れ期 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット