経済・企業AIチップで沸騰! 半導体

ソニー 試作EV公開で示した車載用半導体への本気度=浜田健太郎/岡田英

    米ラスベガスで開催の「CES」で披露したソニーの電気自動車「VISION-S」(Bloomberg)
    米ラスベガスで開催の「CES」で披露したソニーの電気自動車「VISION-S」(Bloomberg)

     会場が暗転し、柔らかな音楽が流れる。「SONY」と書かれた大きなロゴの下から、音もなく銀色に光る車が入ってきた。今年1月6日、米ラスベガスで開催されたデジタル技術の国際見本市「CES」。ソニーが次世代技術をプレゼンするステージで、吉田憲一郎社長兼最高経営責任者(CEO)がゲームや5G(第5世代移動通信システム)などの説明を終えた後だった。

    「ソニーはモビリティー(移動手段)革命への貢献を加速する」──。車載用半導体事業への取り組みを紹介し始めた吉田社長が一息付くと、姿を現したのは世界に初めて披露する電気自動車(EV)の試作車「VISION-S」(ビジョンS)。EVの試作という形で事業への本気度を示し、世界中から集まった報道陣は“サプライズ”に不意を打たれた。

    残り2786文字(全文3119文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月2日号

    ガソリン車ゼロ時代第1部 激変する自動車産業22 EVで出遅れる日本 市場奪取へ勝負の10年 ■市川 明代/白鳥 達哉26 図解・日本の雇用 製造から販売まで、2050年に80万人減も ■白鳥 達哉28 ガソリン車よりエコ! 生産から廃車まで、EVのCO2排出は少ない ■桜井 啓一郎31 インタビュ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事