週刊エコノミスト Online言言語語

新聞から言葉をえぐる(1月18~25日)

     四国電力伊方原発3号機(愛媛県伊方町)の運転差し止めを山口県東部の住民が求めた仮処分申請の即時抗告審で、広島高裁は17日、運転差し止めを命じる決定を出した。四電の活断層の調査は不十分で、阿蘇カルデラ噴火についても想定が過小だとした。住民側の弁護団事務局長を務める中村覚弁護士が。

     77万4000~12万9000年前の地質時代を「チバニアン」(千葉時代)と命名することが、韓国で開かれた国際地質科学連合の理事会で決まった。千葉県市原市の地層が、時代の境界を示す代表的な地層として認められた。研究チーム代表の茨城大の岡田誠教授=写真=が。

     三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)は、亀沢宏規(ひろのり)副社長(58)が4月1日付で社長に昇格すると正式に発表した。三毛兼承社長(63)は代表権のある副会長となり、傘下の三菱UFJ銀行の頭取は続投する。亀沢氏が記者会見で。

     卓球の全日本選手権女子シングルスで、早田ひな(日本生命)が準決勝で伊藤美誠(スターツ)、決勝で石川佳純(全農)を破り初優勝。うれし涙を流して。

     英王室のヘンリー王子がロンドン市内でスピーチし、自身と妻メーガン妃が英王室の公務から退くことについて、自身の希望と異なる王室の決定に無念さをにじませて。

     経団連は、2020年春闘の経営側の交渉指針となる経営労働政策特別委員会報告(経労委報告)を発表し、日本型の雇用システムについて「転換期を迎えている」とした。大橋徹二副会長(コマツ会長)が会見で。

     立憲民主党の福山哲郎幹事長と国民民主党の平野博文幹事長が国会内で会談し、協議を続けてきた党の合流を当面見送ることを確認した。会談で福山氏が。

     内閣府は、首相主催の「桜を見る会」を巡…

    残り1071文字(全文1796文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月16日号

    コロナデフレの恐怖14 サービス業に「デフレの波」 失業増で負のスパイラルも ■桑子 かつ代/市川 明代17 市場に問われる開示姿勢 ■井出 真吾18 図解デフレ大国ニッポン ■編集部19 デフレ圧力は過去にない水準に ■永浜 利広20 コロナで「上がった下がった」ランキング ■編集部21 インタビ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット