経済・企業プロ厳選 株主が得する企業

インタビュー 片山浩(三菱地所執行役常務) 「初の自社株買い 今の株価は割安」

    片山浩氏(三菱地所執行役常務)
    片山浩氏(三菱地所執行役常務)

     上場以来、初めて自社株買いを実施した三菱地所の片山浩執行役常務に、その狙いを聞いた。

    (聞き手=桑子かつ代・編集部)

     2019年5月に新しい資本政策を発表した。初の自社株買いはその一環だ。20年3月末までに上限1000億円規模の計画を順調に進めている。投資家からはおおむね高い評価を受けているようだ。

     不動産市況が良いため、好調な収益環境が続いている。今期を最終年度とする3年間の中期経営計画で2700億円のキャッシュフロー(現金収支)の改善が見込まれており、このうちの1000億円を自社株買いに充てる。

     資本政策の狙いは、不動産市況の状況に合わせたバランスシート(貸借対照表)のコントロールだ。不動産事業は期間が長い。これまでは限られた資金を自社株買いのような株主還元に充てるのか、将来の成長のために投資するのかという経営判断の中で、投資を優先させていた。

    残り626文字(全文1005文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月9日号

    指標で先読み 米国経済14 消費者心理は底入れ 株の「先高」示唆か ■種市 房子18 ISM指数 企業景況感を速報 製造業不況 コロナ前に顕在化 ■馬渕 治好20 企業向け貸し出し 資金繰り需要を反映 政策後押し 30%増 ■丸山 義正21 PER(株価収益率) 株の割高感示す 企業利益2割上振れ期 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット