経済・企業プロ厳選 株主が得する企業

会計プロの視点 粉飾発見ソフトがあぶり出す 危険&高成長優良企業27社=細野祐二

    ライザップグループを見抜いた(瀬戸健社長)(Bloomberg)
    ライザップグループを見抜いた(瀬戸健社長)(Bloomberg)

     独自会計ソフト「フロードシューター」で、約2年を費やし、東証1部上場2129社をすべて分析した。フロードシューターは、私が開発した財務諸表危険度測定プログラム・ソフトだ。エクセル簡易版はオープンシステムとして、一般に無料公開(https://yuji-hosono.com/fs_excel/)している。分析結果は、次の通りだ(表1)。

     私はこれを駆使して、2018年7月にRIZAP(ライザップ)グループの計上する利益の欺瞞(ぎまん)性、同年12月にソフトバンクの上場株価問題、19年2月にZOZO(ゾゾ)の資金収支構造の破綻、同年9月にソフトバンク・ビジョン・ファンドの巨額損失を指摘した。これらの事案は、いずれもその後、フロードシューターの指摘通りの推移となった。

    残り3988文字(全文4324文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月9日号

    指標で先読み 米国経済14 消費者心理は底入れ 株の「先高」示唆か ■種市 房子18 ISM指数 企業景況感を速報 製造業不況 コロナ前に顕在化 ■馬渕 治好20 企業向け貸し出し 資金繰り需要を反映 政策後押し 30%増 ■丸山 義正21 PER(株価収益率) 株の割高感示す 企業利益2割上振れ期 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット