経済・企業

中村創一郎 Looop社長CEO 再エネで電気代「ゼロ」に

    米国のベンチャーキャピタルが主催するスタートアップワールドカップの日本代表にLooopが選ばれた。左が中村社長=19年11月(ぺガサス・テック・ベンチャーズ・ジャパン提供)
    米国のベンチャーキャピタルが主催するスタートアップワールドカップの日本代表にLooopが選ばれた。左が中村社長=19年11月(ぺガサス・テック・ベンチャーズ・ジャパン提供)

     持ち前のビジネスセンスで、電力業界に新風を吹き込んでいる。

    (聞き手=藤枝克治・本誌編集長、構成=下桐実雅子・編集部)

     事業の中心は、家庭や事業所向けの電力の小売り事業「Looop(ループ)でんき」です。売上高約560億円のうち400億円を占めます。2016年のサービス開始以来、基本料金0円、使用した電力量に応じて料金を払うプランを打ち出し、契約件数は全国で約20万件に達しています。

     電気代を下げていくには、今のところ、発電に原料代がいらない太陽光などの再生可能エネルギーしかありません。ですが、当社の一番の悩みは、再エネから電気をあまり買えていないことです。現状では、供給する電気の90%を日本卸電力取引所(JEPX)や商社などから仕入れています。JEPXから買っている間は電気代を大幅に下げられません。

    残り1144文字(全文1499文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月2日号

    ガソリン車ゼロ時代第1部 激変する自動車産業22 EVで出遅れる日本 市場奪取へ勝負の10年 ■市川 明代/白鳥 達哉26 図解・日本の雇用 製造から販売まで、2050年に80万人減も ■白鳥 達哉28 ガソリン車よりエコ! 生産から廃車まで、EVのCO2排出は少ない ■桜井 啓一郎31 インタビュ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事