国際・政治中東緊迫

データで見る石油市場 「脱石油」も中東の重要性は不変=白鳥達哉

    (出所)BP世界エネルギー統計(2019年版)より編集部作成
    (出所)BP世界エネルギー統計(2019年版)より編集部作成

     年初の米イランの軍事衝突により原油価格が急騰したが、すぐに落ち着いた。

     有事の際でも原油価格が動かなくなっているのは、エネルギー市場における重要度が低下しているためだ。1次エネルギー(石油、石炭、原子力など自然界から得られた変換・加工していないエネルギー)消費量に占める石油の割合は1973年にピークの49%を付けた。しかし、石油危機を経て先進国で脱石油が進み、2013年のシェールオイル革命の影響もあって、18年は33.6%に低下している(図1)。

     主要国における石油の依存度を見ても、脱石油が進んでいる(図2)。日本は他国と比べても特に石油への依存度が高かったが、石炭と原子力への依存度が上がる中で相対的に低下。11年の東日本大震災の影響で一時的に大きく上がったが、その後は再生可能エネルギーの台頭もあって減少が続いており、近年は北米や英国と同程度の水準まで下がっている。

    残り407文字(全文796文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月1日号

    スマホ・5Gの新王者第1部20 3大携帯会社に挑む楽天 新技術で5Gの主役狙う ■柳沢 亮/浜田 健太郎24 5Gで変わる通信業界 米巨大IT依存が深まる 勝負は「非通信」ビジネス ■石川 温27 インタビュー NEC 河村厚男 執行役員常務ネットワークサービスビジネスユニット担当 「5Gで世界シェ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事