国際・政治中東緊迫

米イラン仲介のオマーン国王死去 新国王の手腕は未知数=玉木直季

    カブース国王=写真=は地理的に外に開けた国ならではの外交を展開 (出所)編集部作成
    カブース国王=写真=は地理的に外に開けた国ならではの外交を展開 (出所)編集部作成

     米イランの緊張が高まった直後の1月10日、オマーンのカブース国王が死去した。カブース国王はイラン核合意に向け、米国とイランを仲介するなど、全方位外交を得意としてきた。カブース国王は1970年、皇太子の時に宮廷クーデターを起こし、父サイド国王を追放して即位。その際に支援したのがイランで、その後もイランとはパイプを持った。

     本領を発揮したのは2018年10月であった。イスラエルのネタニヤフ首相が25日、事前発表なくオマーンを公式訪問しカブース国王に謁見した。3日前にはパレスチナ自治政府のアッバス議長もカブース国王に謁見していたことから、パレスチナ問題の前進に向け、カブース国王が仲介を図ったのではとささやかれた。アラブの盟主を自任するサウジアラビアは当時、ジャーナリストのカショギ氏殺害で国際社会からの批判対応で精いっ…

    残り968文字(全文1329文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月9日号

    指標で先読み 米国経済14 消費者心理は底入れ 株の「先高」示唆か ■種市 房子18 ISM指数 企業景況感を速報 製造業不況 コロナ前に顕在化 ■馬渕 治好20 企業向け貸し出し 資金繰り需要を反映 政策後押し 30%増 ■丸山 義正21 PER(株価収益率) 株の割高感示す 企業利益2割上振れ期 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット