教養・歴史書評

『組織の経済学』 評者・土居丈朗

     経済学は、市場取引を分析する学問である。しかし、世の中の経済取引の大半は、不特定多数の参加者によって構成される市場取引ではなく、企業と企業、企業と個人との間での相対取引である。もちろん、経済学は世の中の経済取引を市場取引と擬してその特質をあぶり出すのだが、企業組織はブラックボックスになりがちである。

     本書のタイトルにもある「組織の経済学」は、まさに企業組織に焦点を当てた経済学の応用分野である。組織の経済学の主要な二つの目的は、企業の内部組織の特徴や機能を明らかにすることと、企業と市場を異なる資源配分の仕組み・制度として位置づけて比較分析することとされる。そのうち、本書は前者の目的を中心に解説している。経済学を学ぶ者だけでなく、企業組織を動かす原理やそのあり方に関心のある人にもとても有用な書で…

    残り853文字(全文1204文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月16日号

    コロナデフレの恐怖14 サービス業に「デフレの波」 失業増で負のスパイラルも ■桑子 かつ代/市川 明代17 市場に問われる開示姿勢 ■井出 真吾18 図解デフレ大国ニッポン ■編集部19 デフレ圧力は過去にない水準に ■永浜 利広20 コロナで「上がった下がった」ランキング ■編集部21 インタビ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット