週刊エコノミスト Online労基署はここを見る 働き方改革法

働きやすい職場を作るビジョンを示せ=安中繁

     今回の法改正の意義は、「魅力的で持続可能な会社に作り替えること」だ。安倍政権の経済政策の一環としての取り組みであることをまず理解する必要がある。社員がやりがいを持って、安心して働ける職場に改善しようと、政府が背中を押してくれている。そのために正規・非正規の待遇格差の是正にとどまらず、女性や高齢者、外国人に喜んで働いてもらえる魅力的な会社にする取り組みだ。

     正規の待遇は最低でも現状維持で、非正規にこれまで払っていなかった通勤手当などをつければ、人件費はトータルで上がるだろう。そのための原資を確保するために、提供するサービスや製品の値上げはやむを得ない。値上げができるだけの生産性の向上や品質改善が必要になる。

    残り493文字(全文800文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事