国際・政治中国発 世界不況

不動産 地方で在庫拡大、バブル化も=安田明宏

上海市の住宅用ビル群。中国では政府が不動産市場を強く管理している (Bloomberg)
上海市の住宅用ビル群。中国では政府が不動産市場を強く管理している (Bloomberg)

 中国の不動産市場は今のところ落ち着いた情勢が続いている。2016年から17年にかけて住宅価格が高騰したことを受け、中国政府が「住宅は住むもので投機の対象ではない」とする強いメッセージを発した結果、需要は抑制され、全体的な価格安定につながっている。

 ただ、中国は広く、都市ごとに不動産市場の置かれた状況は異なる。中央政府の意に反して不動産緩和策を打ち出している地方都市も見られる。こうした地方政府の動きは、今のところ黙認されているようだ。中国政府は抑制策を継続すると明言しており、ブレーキとアクセルを微調整しながら需給と価格の全体バランスをとる難しい局面が続いている。

 中国では「つくれば売れる」不動産市場を政府がいかにコントロールするかが重要だったが、経済成長が減速する中、従来の考え方を踏襲し続けるのは難しい。一部の地方都市では、すでに住宅在庫が積み上がっており、「つくったが売れない」事態が生じている。

残り667文字(全文1071文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事