経済・企業中国発 世界不況

自動車 ディーラーの7割「客ゼロ」=鈴木貴元

(注)伸び率は販売台数の対前年同月比 (出所)中国汽車工業協会の統計より筆者作成
(注)伸び率は販売台数の対前年同月比 (出所)中国汽車工業協会の統計より筆者作成

 新型肺炎の感染拡大で一段の業績悪化が懸念される中国の自動車業界。中でも早くも悲鳴を上げているのがディーラーだ。

 業界団体の中国汽車流通協会(CADA)によると、中国国内では1月末から7割のディーラーで来客がほぼゼロ。2月の販売台数は前年同月比で5~8割減に落ち込むと推計されている。資金繰り悪化が懸念され、CADAが銀行・保険会社を監督する「中国銀行保険監督管理委員会」に公開書簡を出し、ディーラーへの資金支援を強化するよう要請したほどだ。

 中国の新車販売台数は前年割れが続くも昨年末、前年並みまで持ち直した(図)。そんな矢先、新型肺炎が発生した。

残り854文字(全文1129文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事