週刊エコノミスト Online海外企業を買う

ジョンソン・エンド・ジョンソン ESG投資や新型コロナで注目=宮川淳子/279

 ◆J&J

 ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)は「ベビーパウダー」や「バンドエイド」など日本でもよく知られる商品を持つ、ヘルスケア業界のトップ企業で、あまり多くを説明する必要はないだろう。新型コロナウイルスによる肺炎(COVID(コビッド)─19)の感染が国内外で広がる中、1月下旬にワクチンの開発着手を発表した。米国内の多くのバイオ医薬品メーカーも研究に着手しており、今後の動向が注目される企業だ。

 J&Jは米国の株式時価総額トップ10の常連で、保守的な財務方針を貫くことで債券格付けは最上位AAA(S&P)。J&Jが長年にわたり投資家から高く評価され続けている背景として、ESG(環境・社会・ガバナンス)投資の観点から今回改めて注目してみたい。

残り2499文字(全文2826文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事