経済・企業がんが治る 見つかる

関連銘柄 中外、時価総額が業界トップに=編集部

    (注)株価と時価総額は3月2日時点。市場の東証JQSはジャスダックスタンダード、JQGはジャスダックグロース。HDはホールディングス (出所)ブルームバーグや各社資料を基に編集部作成
    (注)株価と時価総額は3月2日時点。市場の東証JQSはジャスダックスタンダード、JQGはジャスダックグロース。HDはホールディングス (出所)ブルームバーグや各社資料を基に編集部作成

    詳しくはこちら

     2月19日、中外製薬の時価総額が6兆7246億円となり、1年1カ月ぶりに武田薬品工業の時価総額(6兆6285億円)を超えた。1月30日に発表した2019年通期決算で、中外製薬は売上高、営業利益とも3年連続で過去最高を達成。自社で創薬した血友病治療薬「ヘムライブラ」、肺がん治療薬「アレセンサ」が業績をけん引、提携先スイス・ロシュのがん免疫薬「テセントリク」も好調だった。

     1月31日の株価は1万1265円と上場来高値を記録した。小坂達朗社長は「成長源は、独自の新薬を世界の患者に届けるビジネスモデルだ」と話した。20年も増収増益を見込み、テセントリクは肝細胞がん、卵巣がん、腎細胞がんなどでも使えるように、国に申請をする計画だ。

    残り669文字(全文992文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事