経済・企業がんが治る 見つかる

光免疫療法 「光と薬」で狙い撃ち=編集部

    (出所)国立がん研究センターの資料などを基に編集部作成
    (出所)国立がん研究センターの資料などを基に編集部作成

     光免疫療法とは光と薬を使って、がん細胞を壊死(えし)させる治療法だ。米国立衛生研究所(NIH)の小林久隆・主任研究員が開発し、楽天の三木谷浩史氏が会長を務める医療ベンチャー「楽天メディカル」が治験を進めている。

     鼻、口、のど、上あご、下あご、耳などにできる頭頸部(とうけいぶ)がんに対する光免疫療法は画期的で有効性が高いとして、薬事承認に向けた相談・審査を優先的に行う厚生労働省の「先駆け審査指定制度」の対象品目に選ばれている。スピーディーに承認に進めば、早期の実用化も期待される。

    日本人の頭頸部扁平(へんぺい)上皮がん患者を対象とした光免疫療法の安全性を評価した第1相試験、有効性を評価した米国での第2相試験の治験がすでに終了。標準的な治療が効かなくなった局所再発の頭頸部扁平上皮がん患者を対象にした米国の第2相試験では、30人の患者のうち4人のがんが消失、9人の患者でがんが3割以上縮小するなど、良好な結果が報告された。

    残り749文字(全文1163文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    8月11・18日合併号

    2020年後半 日本・世界経済大展望第1部16 「沈没」する自動車大国 苦境・群馬が暗示する近未来 ■神崎 修一/柳沢 亮/加藤 結花19 「トヨタ超え」テスラ、三つの理由 ■中西 孝樹20 コロナワクチン開発 「実用化まで1年半」でも野心的 ■近内 健22 米大統領選 3項目でバイデン氏が優勢 ■ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット