マーケット・金融THE MARKET

東京市場 ストラテジストが読む 金利が一段と低下、銀行株厳しい=藤戸則弘

(出所)ブルームバーグより編集部作成
(出所)ブルームバーグより編集部作成

 米連邦準備制度理事会(FRB)は3月3日(現地時間)、政策金利を0・5%引き下げる緊急利下げを実施した。それだけ、新型コロナウイルスの経済、企業業績への悪影響を憂慮したものと思われる。この動きはFRBにとどまらず、各国中央銀行が一斉に協調的緩和策を発動する可能性が高い。

 日銀の政策裁量余地は狭小化しているが、一段の緩和策を迫られる局面があるだろう。こうした世界的な緩和策を背景に、10年国債利回りが消失する事態が鮮明化。日本、ドイツ、フランス、オランダ、スウェーデン、スイスはマイナス金利で、米国も初めて1%割れとなった。

 この超低金利が株式投資の下支え要因になるのは事実だ。しかし、世界の金融株は、金利の消失によって本来的な融資業務で利ざやを稼ぐのが困難となり、株価低迷が続く。欧州銀行株は、収益・財務状況の悪化もあって株価の低迷が顕著だ。

残り489文字(全文862文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月9日・16日合併号

世界経済 ’22年下期総予測第1部 世界経済&国際政治14 米国は景気後退「回避」も 世界が差し掛かる大転機 ■斎藤 信世/白鳥 達哉17 米ドル高 20年ぶり高値の「ドル指数」 特徴的な非資源国の通貨安 ■野地 慎18 米長短金利の逆転 過去6回はすべて景気後退 発生から平均で1年半後 ■市川 雅 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事