マーケット・金融THE MARKET

NY市場 コロナ終息後のバブルに備えよ=堀古英司

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、2月下旬から米国及び世界の株式相場は大荒れとなっており、米連邦準備制度理事会(FRB)は3月3日に0.5%の緊急利下げに踏み切った。

 確かに新型コロナウイルスによる世界中の経済活動への一時的な影響は避けられない。しかし、5年、10年単位の中長期的な企業の将来利益を大きく毀損(きそん)するものではないだろう。

 新型コロナウイルスのような外因性ショックに対して、各国の中央銀行や政府は往々にして過剰反応する傾向がある。例えば、1980年代のプラザ合意後の日銀の利下げや、90年代後半のロシア・アジア通貨危機後の緊急利下げ、さらに2001年の同時多発テロ後の低金利政策などである。これらの施策は、その後しばらくして、大きなバブル形成へとつながった。

残り101文字(全文443文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月9日・16日合併号

世界経済 ’22年下期総予測第1部 世界経済&国際政治14 米国は景気後退「回避」も 世界が差し掛かる大転機 ■斎藤 信世/白鳥 達哉17 米ドル高 20年ぶり高値の「ドル指数」 特徴的な非資源国の通貨安 ■野地 慎18 米長短金利の逆転 過去6回はすべて景気後退 発生から平均で1年半後 ■市川 雅 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事