投資・運用金が上がる

2020年NY金相場予測 換金売りの終息後、再び上昇へ=池水雄一

高値 1700ドル 安値 1500ドル

 新型肺炎に対して楽観的すぎた株式市場は2月12日を境に下落を開始したが、それに対して金(ゴールド)は大きく上昇し、2月24日には1688ドルと2013年以来、7年ぶりの高値を付けた。株式市場の下落は止まらず、雪だるま式に下落を続けており、リーマン・ショック(08年)以来となる、流動性(現金)を得るための「ラッシュ・フォー・キャッシュ」の状態に陥っている。

 普通の危機であれば金に集まる逃避資金だが、その危機が極端なレベルまで来ると、今度は流動性のある現金を求めるために株式などの金融資産を売るという流れが起きる。NYダウは2月12日の高値2万9551ドルから2月28日には4000ドル以上も下落したため、それに合わせてほぼすべての金融資産が、現金への換金売りを浴びる状況になった。

残り280文字(全文641文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月9日・16日合併号

世界経済 ’22年下期総予測第1部 世界経済&国際政治14 米国は景気後退「回避」も 世界が差し掛かる大転機 ■斎藤 信世/白鳥 達哉17 米ドル高 20年ぶり高値の「ドル指数」 特徴的な非資源国の通貨安 ■野地 慎18 米長短金利の逆転 過去6回はすべて景気後退 発生から平均で1年半後 ■市川 雅 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事