投資・運用金が上がる

2020年NY金相場予測 年後半には下落する場面も=芥田知至

    高値 1800ドル 安値 1550ドル

     2月末、世界的な金融市場の混乱を背景に投資家心理が冷え込む中、慌てて現金を確保しようという「狼狽(ろうばい)売り」が、安全資産とされる金(ゴールド)にも波及し、相場は5%近く急落した。それでも、新型肺炎の感染拡大への懸念が相場を押し上げる状況は継続しよう。感染拡大に伴うリスク回避は2月上旬に一服する場面もあった。しかし下旬には、中国以外にも広がる感染への懸念が強まった結果、相場は1トロイオンス=1690ドル超まで上昇した。

     米国でも感染拡大や経済への悪影響が懸念され、3月3日に米連邦準備制度理事会(FRB)は緊急利下げを行った。その後、さらに追加利下げ観測が強まり、相場は1700ドルを上回った。年央にかけて追加利下げが行われると、市場に潤沢なマネーが供給され、1800ドル程度の高値をつけるだろう。金の代替資産である米国債の利回り低下や株価の下落、中東の地政学リスクも支援材料になる。荒れた金融環境の中で強かったドルが…

    残り216文字(全文649文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月8日号

    とことん学ぶインフレ 株 為替 金利16 世界で進む物価高と利上げ 日本株「業績相場」の関門 ■神崎 修一20 とことん学ぶ1 米国物価動向 原油・人手・物流が絡む上昇 過熱なら強硬な引き締めも ■鈴木 敏之22 今知りたい1 欧州ガス危機 パイプラインで欧露の反目続く ■原田 大輔23 今知りたい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事