【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

マーケット・金融THE MARKET

NY市場 新型コロナの影響を悲観=中川大輔

 新型肺炎の影響により、米ダウ工業株30種平均はわずか3週間ほどで高値から約30%の大幅下落となり、2009年から続いた米国株式の強気相場は終わりを告げた。

 短期的には懸念材料が目白押しだ。在宅勤務や渡航制限により、企業活動への負の影響は続き、事態が長期化する場合には生産活動や個人消費への深刻な影響が心配される。感染者が急増する場合に、医療機関の受け入れ態勢を懸念する声…

残り280文字(全文466文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事