経済・企業コロナ恐慌

米金融・財政政策 市場が脅かすFRBの限界 世界の量的緩和が続く=石原哲夫

    (出所)米国みずほ証券、ブルームバーグ、Macrobond
    (出所)米国みずほ証券、ブルームバーグ、Macrobond

     米連邦準備制度理事会(FRB)は、ゼロ金利と米国債の買い入れなど、量的緩和第4弾(QE4)を打ち出したが、株価の急落は止まらず、財政出動が待たれている。しかし、QEと財政政策で市場の混乱は抑えられても、世界的な金融緩和に支えられた流動性相場という課題は残る。

    止まり始めた米経済

     新型コロナウイルスによって、米経済が止まり始めた。2008年の「リーマン・ショック」と今回の新型コロナ・ショックはよく比較されるが、違いも大きい。

     (1)リーマン・ショックは先進国中心だったの対し、新型コロナは先進国、途上国を問わず、グローバルに広まっている。(2)前回は中国が世界経済をけん引してくれたが、今回は中国が震源地。(3)リーマン・ショックは社債市場中心だったが、今回は需要を後退させる「需要ショック」──の3点だ。

    残り2056文字(全文2410文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月1日号

    スマホ・5Gの新王者第1部20 3大携帯会社に挑む楽天 新技術で5Gの主役狙う ■柳沢 亮/浜田 健太郎24 5Gで変わる通信業界 米巨大IT依存が深まる 勝負は「非通信」ビジネス ■石川 温27 インタビュー NEC 河村厚男 執行役員常務ネットワークサービスビジネスユニット担当 「5Gで世界シェ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事