経済・企業コロナ恐慌

鉄鋼 中国から山積み在庫があふれる=細川隆一

    運べず。売れない鋼材 (Bloomberg)
    運べず。売れない鋼材 (Bloomberg)

    「もう鋼材の置き場がない」。新型コロナウイルスの発生源となった中国では、鉄鋼業界が未曽有の在庫増に直面している。製鉄所の主要設備となる高炉は24時間365日稼働し続けるため、急激な需要減に対処できない。新型コロナの発生で経済活動が停止し、鋼材を売ることも運ぶことも困難になったが、高炉では延々と鋼材が造られ続けている。

     この異常な状況は、統計でも確認できる。業界団体の中国鋼鉄工業協会が公表している主要20都市の鋼材市中在庫は2月下旬に1905万トンとなり、1月から一気に2・3倍に積み上がった。

    残り923文字(全文1171文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月2日号

    ガソリン車ゼロ時代第1部 激変する自動車産業22 EVで出遅れる日本 市場奪取へ勝負の10年 ■市川 明代/白鳥 達哉26 図解・日本の雇用 製造から販売まで、2050年に80万人減も ■白鳥 達哉28 ガソリン車よりエコ! 生産から廃車まで、EVのCO2排出は少ない ■桜井 啓一郎31 インタビュ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事